賃貸物件を契約するならココをチェック!

チェックポイントを知ろう

内装や外装を詳しくチェック

部屋の広さや日当たりを知る

写真だけでは、どのくらいの広さの賃貸物件なのか分かりません。
見学しないで決定してしまうと、入居する時に狭いことに気づきます。
狭い部屋では窮屈なので、必ず室内の広さを確認してください。
複数の部屋がある賃貸物件は、全ての部屋を確認しましょう。
また部見学に行く時は、日当たりの良さをチェックしてください。
部屋の広さばかり確認して、日当たりを疎かにしている人が多いです。

ですが日当たりが悪い部屋では、湿気が室内に籠ります。
除湿機などを設置しなければいけないので、余計な家具が増えてしまいます。
日当たりが良い賃貸物件を、なるべく選択するよう心がけてください。
ですから、太陽が出ている昼間に見学に行くのが良いですね。

外壁に問題がないか確認する

内装だけでなく、外壁も見なければいけません。
外壁や、屋根が壊れかかっているような賃貸物件は危険なので、選択しないでください。
安心して暮らせるよう、外壁も綺麗な賃貸物件を選択しましょう。
軽く見る程度では、見逃がす可能性があります。
注意深く見てください。
見学の時間は、長めに確保しましょう。

時間が無いと、少し確認しただけで済ませてしまう人がいます。
ですが外壁の細かい部分は、じっくり確認しないと分かりません。
仕事で忙しい人もいると思いますが、見学の時間をゆったり確保して、新しい住居を決めてください。
リフォームされたばかりの賃貸物件なら、外壁も綺麗です。
入居してすぐリフォームをすることがないよう、外壁を見ましょう。


この記事をシェアする