賃貸物件を契約するならココをチェック!

チェックポイントを知ろう

条件に合うか見極めよう

賃料の目安を考えよう

仕事をしている人は、給料の3割ぐらいが賃料としてふさわしいと言われています。
あまりにも高い賃料では、支払えないので選択しないでください。
賃料は、1番先に確認しなければいけない部分です。
不動産会社と相談しながら、賃貸物件を決める人が多いと思います。
恥ずかしがらず、支払える賃料の上限を不動産会社に伝えましょう。

言わないと、賃料が高額な賃貸物件ばかり紹介されてしまいます。
なかなか、新しい住居が決まりません。
自分で、どのくらいの賃料の賃貸物件が良いのか分からない人がいると思います。
不動産会社に自分の給料を伝えると、最適の賃料を計算してくれます。
遠慮しないで、分からないことがあったら不動産会社に伝えましょう。

築年数を確認することを忘れない

賃料が安いことを優先して、賃貸物件を探す人がいると思います。
様々な条件によって、賃料は異なります。
ですが共通しているのは、築年数が経過している賃貸物件は賃料が安いという部分です。
築年数に注目して、賃貸物件を探してみましょう。
古い賃貸物件は、汚いというイメージを持っている人が多いでしょう。
しかし、全ての賃貸物件がそうだというわけではないので安心してください。

築年数が経過していても、リフォームして綺麗に作り変えている賃貸物件があります。
それなら内装や外装が綺麗なので、問題なく暮らせるでしょう。
不動産会社から良い賃貸物件の情報を教えてもらったら、築年数を聞きましょう。
リフォームの有無も忘れずに聞いてください。


この記事をシェアする